40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

夏バテについて

誰でも出来る夏バテ解消法 2012.08.25

今年はすごい猛暑が続き熱中症で病院に運ばれる人が昨年に比べると3倍以上になっているそうです。
当然、夏バテも昨年以上にきつくなるのではないでしょうか。
夏バテで困るのは食欲が低下して栄養不足でさらに弱ってしまい、貧血気味にもなる人がいます。
夏に疲れるのは腸だけでなく、皮膚が弱ってジンマシンや湿疹やあせもご相談が増えています。
夏バテの原因を考えてみましょう。
昨年に続き今年も節電ブームのために職場でも電車でも室内にいても暑くて体内に熱がこもるので冷たいものが欲しくなり、胃腸を冷やしてしまいます。
胃腸を冷やしすぎて消化吸収能力が衰えて栄養が不足がちになります。
さらに暑さと冷房による冷えの繰り返しで、自律神経の調節ができなくなり、めまいや立ちくらみまで出ることになります。
夏バテの主な症状は下記の通りです。
体がだるい 、やる気が無くなる 、イライラする 、立ちくらみ、めまい、ふらつき 、むくみ 、食欲不振 、下痢などがあります。
これらの症状がいくつか当てはまる人は注意しましょう。
夏バテ対策は夏の暑さで疲れた脾胃や心臓や肝臓を回復できるように腹八分目にして、夜は早く寝て無理をしないことが大切です。
脾胃が弱り手足に力が入らない人は、ご飯と味噌汁と野菜の煮炊きした物を中心にした粗食が良いでしょう。
心臓が弱り、動悸、息切れ、胸の圧迫感が出る人は充分に休養して身体を冷やす物を控えて、心労を溜め込まないようにしてください。
肝臓が弱り、怒りっぽくなったり、直ぐにソファーなどに横になって居眠りしたり、軟便になったり、ため息やあくびが出やすいなどの症状を出す人はお酒を控えて夜はなるべく夜の12時前に寝るようにしましょう。
養生しても回復の遅い人は漢方薬で夏バテを早く治しましょう。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.