40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

冷えについて

冷えからくる風邪は治りづらい 2012.12.08

11月前後より急に冷え込んできましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
気温の変化が激しく風邪を引いている人が増えてきましたね。
風邪が治りづらく長引いて困っている方のご相談をよく受けるようになってきました。
初めのうちは肺に熱がこもった方が多かったのですが、最近は気温がどんどん下がってきたので、腎の冷えから少陰病になり、喉や扁桃腺がやられている人が増加してきています。
東洋医学で言う少陰病は新陳代謝が低下して、血流も著しく悪くなり、体全体が冷え切っているような状態をいいます。
症状としては次のようなものがあります。皆様も周りの方の中にこのような症状が当てはまる人はいませんか。
例えば、体全体が冷える、全身がだるい、なんとなくやる気が出ない、昼間に眠い、夜は冷えて寝つきが悪い、眠りが浅く寝起きが悪い、朝は頭がボーとする、朝のうちは体が特にだるく機嫌も悪くなる、鼻水やくしゃみが出やすい、喉が痛い、声がかすれる、耳がボーとすることがある、中耳炎になることがある、扁桃腺が腫れやすい、背中がゾクゾクする、後頭部痛、首の後ろや背中がこる、小便が近くなる、めまいやふらつき、まっすぐ歩いているつもりが足元がふらつく、肌がカサつくなどの症状のうち3つ以上あれば要注意でしょう。お読みになって気づかれた方もいると思いますが、身近な高齢者がよく口に出す症状がこの中にたくさんありますね。
なかなか寝付かれなくて睡眠薬を常用している人、最近急に耳が遠くなった人、なんとなく元気がなく疲れやすいという人、足元が危なくなりよくこける人、夜中に何回もおトイレに立つ人などは少陰病の可能性が高いでしょう。
最近は残念なことに若い人にもこんな症状を訴えていることが増えてきています。
少陰病の風邪は現代医学のお薬が効きづらいことが良くあります。
なかなか風邪が治らず元気のない方は是非ご相談ください。
冷えもついでに治して元気になりましょう。
浴槽に自然塩を大さじ1杯入れて入浴してください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.