40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

花粉症について

花粉症と妊娠 1997.4.10

花粉症の季節となりましたが、皆様はいかがお過ごしですか。

今年は花粉の飛散量が多くなっております。

しかし症状は例年と少し違うようです。
くしゃみ、鼻水、目のかゆみは同じですが、

胃が重かったり、便通が悪くなったり、頭が熱っぽくなったり、だるくなったりします。

これは、内部に芯熱がこもっている状態で、ちょうど風邪がこじれているのに似ています。

 

そこで例年は漢方薬で花粉症を治すために、

冷えを補う薬をよく使うのですが、

今年は木運不及の年という運気で、芯熱を取る漢方薬が良く合うようです。

また、妊娠する可能性のある方や、妊娠中の方又は授乳中の方は、

花粉症があっても薬を飲まずに我慢しておられると聞きます。

しかしお体に合う漢方薬を飲めば、治すことができるだけでなく、

母体が元気になるので胎児にも良い影響が出ます。

我慢されずに是非ご相談下さい。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.