40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

花粉症について

花粉症の症状は出てますか 2015.02.05

花粉に対して敏感に反応する方はすでに花粉症の症状が出てきているようです。
今年の運気は金運不及と言いまして、肺、鼻、大腸などの働きが低下する傾向がある。
したがって、今年の花粉症の症状がひどくなるかもしれません。
花粉症は冷えが原因なので、身体を冷やさないようにしましょう。
もちろん冷たい物を取る事は極力控えてください。
もう一つ気になるのはPM2.5が今年になって中国から飛来して来ています。
PM2.5で鼻の粘膜が炎症を起こして敏感になっているラマ気はお腹を久しにくくするのでところに花粉症の炎症が重なると症状がかなりひどくなる可能性があります。
2月に入ってから咳がひどくなっている人が増えているような気がします。
大気汚染物質のPM2.5が影響しているのではないかと私は思っています。
外出するときはPM2.5対応のマスクをしていただくことをお勧めします。
空気清浄機を利用することも大変有効でしょう。本来は花粉症は冷えやすい身体の方がなるので、食生活も見直されることが必要だと思います。
身体を冷やすような食べ物は控えて、身体を温めるような食品を選んでいただきたいですね。
お身体を冷やすものとしては果物、生もの(刺身、葉っぱもの)、冷たい物、乳製品、白砂糖、コーヒーなどがありますので、控えてください。
お身体を温めるものとしては塩田の塩、味噌、根菜類、梅干し、醤油、佃煮、肉、卵などがあります。
今年は腸も弱りやすいので、お腹を冷やさないようにして腹巻をすることを推奨します。
使い捨てカイロも良いのですが、腹巻は意外に効果があって、お腹を直ぐに壊すと言われる人でも腹巻のおかげでお腹を壊すこともなく元気に過ごせていると言う話を聞いたことがあります。
漢方薬でお腹を温めるも物がございますので、ご相談ください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.