40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

便秘について

幼児、小児の便秘でお困りの方へ 2015.05.10

便秘で困っているお子様のご相談をよく受けるようになってきました。
腸は第2の脳と言われていますので、精神的な原因もあるかもしれません。
それから、乳児は母乳または粉ミルクを飲んでいるので消化されてカスがほとんど残らずに便が毎日出ないと言われたという話をお子様のお母さんに聞きました。
つい納得しそうな話ですが、よく考えてみると腸の粘膜上皮細胞が約2日で生まれ変わっているので、絶食状態であっても量は減るが毎日便は出るはずです。
便を毎日出せないのは腸の機能が弱っているからですね。
一般的に下痢をすると心配をされるのですが、便秘に対しては無頓着な方が多いのはなぜでしょうか。
下痢には悪い下痢と良い下痢があることをご存知ですか。
下痢をしてお腹が痛くなったり、下痢をしたにも関わらずすっきりしないでいつまでもお腹が張ったり、便が残っている感じがするなど不快感が残るのは悪い下痢です。
下痢をした後すっきりして、お腹が楽になるのは自分の身体がお腹の中の悪いものを出してくれたので、喜ぶべきでしょう。
便秘には良い便秘と悪い便秘はありません。
大人も子供も便秘はきちんと原因を考えて治す必要があると思います。
便秘の原因に「お血」が原因のものもあります。
「お血」は女性に多いのですが、幼児にもあることがあります。
単に便秘薬を飲めば良いとか、すっきり出たら良いと考えるのは間違っていると思います。
腸は第2の脳であり、消化器官の要であり、免疫の重要な場所であります。
この大切な腸が弱っているのに放置しておくのは大変まずいことだと考えています。
お困りの方は真剣に考えて、ご相談ください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.