40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

不妊症について

漢方で精子を元気に 1999.7.22

精子はどうしてできるのでしょう。

精巣(睾丸)内で作られた精子細胞は、精細管の中に溜まっています。

しかし、精細管内に集まった精子は、すでに精細管上皮から少量の分泌液に包まれて

ゆっくりと精巣上体(副睾丸)までやってきます。

ここでは精管は非常に細く、くねくねと曲がっています。

精巣上皮からは比較的多くの分泌液が出ていてその中に精子が浮いています。

分泌液には清漿の一部になっていて、いろいろな蛋白質、糖質、糖脂質を含み、

精子に影響を及ぼして精子の分化を促進します。

 

射精とは、精巣上皮尾部付近に貯えられていた精子が、性行動が行われることによって、

だんだん精管内を下降し、精嚢から出る分泌液と混ざり

前立腺からの分泌液と共に射出されることを言います。

射精された精子は子宮頸管という難所を通過してはじめて卵と出会うのです。
つまり精子に元気が無いと受精をするのは難しいでしょう。

漢方で精子を元気にして数を増やすことは可能です。ぜひご相談下さい。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業日:水曜日・金曜日・土曜日 営業時間:9:00~16:00新規のご相談予約:10:00~15:00
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.