40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

不妊症について

高プロラクチン血症と不妊 1997.7.4

寒暖の差が激しく、体調のすっきりしない方が多いようですが読者の皆様はお元気ですか。

この天候では、体内に芯熱を持ち、血熱によって体がほてったり、

赤い吹き出物、はれものが出来たり…などの症状が出ます。

また風邪をこじらせて咳が出るようです。お困りの方はお尋ね下さい。

 

さて今回は、高プロラクチンについて考えたいと思います。

プロラクチンとは、脳下垂体から分泌される乳汁分泌ホルモンで、

直接、間接に視床下部に作用し、卵巣の働きをおさえます。

実際、プロラクチンが高く、月経異常を示す患者さんがかなり多いそうです。

中には無月経で乳汁漏出する方もあるようです。

 

原因は、向精神薬などによる薬剤性、下垂体腫瘍、特発性のものの

3つがほとんどであると西洋医学では言われております。

下垂体腫瘍と特発性のものには、パーロデルなどを使用します。

東洋医学的に考えると、乳汁が出るというのは胃の熱です。

また卵巣機能が低下するのは冷えでしょう。

つまり、上半身は芯熱を持ち、下半身は冷えるというパターンが増えております。

是非お気軽にご相談下さい。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業日:水曜日・金曜日・土曜日 営業時間:9:00~16:00新規のご相談予約:10:00~15:00
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.