40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

腸について

今年は胃腸が弱りやすい  2012.02.04

各地で記録的な大雪が降っていますが、みなさまはいかがお過ごしですか。
2月4日立春を過ぎてもしばらくは寒い日が続きそうですのでくれぐれもご自愛ください。
気温が低いと皮膚が冷えくるのでインフルエンザや風邪をひきやすくなります。
そのためかインフルエンザの流行もすごいことになっています。
こんな時は胃腸を疲れさせないように飲食に気を付けて頂きたいと思います。
昔は常識だったのですが、お粥は胃腸を回復する薬のように働きます。
体の調子を崩したときはお粥を食べると回復を早めると言うことを知らない人が増えています。
身体の健康の基本は胃腸だと思います。
胃腸で食べたものから栄養を消化吸収するので、ここが弱ると元気を回復することが難しくなってきます。
身体中が弱って何処から治したらいいのか分からなくなったときには私は胃腸から治るように考えます。
なぜなら、赤ちゃんが生まれて初めにおっぱいから母乳を吸います、命を永らえさせるのは胃腸が中心になって働くからです。
もちろん他の臓器も大切ですが、胃腸が働くなると命を維持することが出来なくなります。
今年の2月4日から1年間の運気は木運不及を言いまして胃腸の働きが弱りやすい年となっています。
特にお食事に気を付けてご飯と味噌汁という昔から伝わる日本人の基本的な食文化を思い出してください。
現代の日本人の食生活はかなり変質して来てどこの国の食生活かわからなくなっています。
このような状態を放置してきたことで日本人の健康が相当危ない状態になってきていると思います。
若年層のがんや不妊症が密かに増えてきています。
食生活を改善しないと胃腸が弱りやすいということを忘れないでください。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.