40代からのお肌に、細胞活性化のススメ。

健康コラム

腸について

今年も胃腸かぜが流行 2004.04.24

皆様、天候が不順になっておりますが、お元気にお過ごしですか。
今年は土運太過という運気で脾(消化器系)の働きが不安定になっています。
そのために、胃腸の弱る方が増えております。
特に高齢の方と小さいお子さんは特に気をつけていただきたいと思います。
『今年の前半年は少陽司天という運気に支配されます。
少陽の火気が下界に君臨し、人体の肺気はこれに屈従します。
火気が焼きあぶるような炎暑を生じ、金気の粛殺の作用を変えてしまいます。
すなわち、この少陽司天の年は大暑がやってきます。
このとき、人々は肺気が犯されて、咳・くしゃみ・鼻づまり・鼻血・かさ・発熱悪寒・むくみなどの症状をおこす病にかかりやすいのです。』ケンコウコラム「今年の運気」2004.01.05の一部抜粋です。
ここに書かれているように季節に合わない異常な暑さがやってくるようです。
暑い日と寒い日が交互に来るので、体がついていけないこともあるでしょう。
胃腸だけでなく肺の働きも低下します。
したがって、風邪ぐらいと侮らず、養生をしてなるべく早めに治すように心がけてください。

胃腸が弱っていると風邪はなかなか治りません。
胃腸の回復を早めるには「おかゆ」を食べていただくことをお勧めします。
「おかゆ」は胃腸の薬と思って食べていただいてよいと思います。
店頭でもおかゆの話をするのですが、なかなか私の真意が伝わりません。
なぜならば、おかゆに対する認識の違いが、私と患者さんの間にあるのでしょう。この溝を埋めるのにいつも苦労しています。
栄養学的に見ると「米」は炭水化物の栄養源という考え方が定着しているからでしょうか。
米には炭水化物だけでなく、たんぱく質も脂肪もあります。
本来、米はそれ一粒で一つの生命体ですし、人間の食物として栄養バランスが比較的うまく取れております。
「コメとスタミナ維持」 2004.03.27の記事も参考にしていただきたいです。
冷たいものを取りすぎず、暴飲暴食は避けて、夜は早めに寝るなどのご養生も心がけていただければかぜの予防となります。

ケンコウ薬局

  • 〒514-0035 三重県津市西丸之内24-13 
    TEL:059-224-1389
  • 営業時間:10:00~16:00 定休日:日曜日・月曜日・火曜日・木曜日
Copyright(c) 2015KENKOU PHARMACY. All Rights Reserved.